カフェインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーとは、デカフェともよばれ、本来カフェインが含まれているコーヒーからカフェインを抜いたものです。
欧米では、健康上の理由でカフェインを敬遠している人の間でカフェインレスコーヒーが浸透しており、ヨーロッパでは規定が細かく定められているなど、海外では広く受け入れられています。

しかし、カフェインを抜く際にカフェイン以外の成分も抜けてしまい、通常のコーヒーに比べ、味や香りが劣ってしまうため、日本でも欧米のものが輸入されていますが、あまり浸透はしていません。このカフェインレスコーヒーは、カフェインが全く含まれていないわけではなく、少し残っています。



しかし妊娠中などカフェインをあまり摂取しないほうがいい時期などは、とても飲みやすくなっています。

カフェインの抜き方に様々な方法があります。


有機溶媒抽出と水抽出などがあり、有機溶媒抽出はコーヒー生豆に有機溶媒を通してカフェインを抽出する方法です。
水抽出は、コーヒー生豆に水を通し、その液体から有機溶媒でカフェインを取り除く方法で、カフェイン以外の成分の損失を抑えることができます。



しかし、有機溶媒は身体にとって決して良いものではなく、有機溶媒抽出はコーヒー生豆に直接有機溶媒が触れるため、使用する有機溶媒が見直されました。

水抽出は、コーヒー生豆に直接有機溶媒が触れる方法ではないため、安全性は向上しています。

goo ニュースが気になる方はこちらへご来訪下さい。

このように、カフェインの含有量は少なくなっていても、抽出方法によっては、妊娠中などには控えたほうが良いものもあるため、しっかりとした選択が必要です。