デカフェとはカフェインを除くことです

デカフェ(Decaf, Decaffeinated)とは、本来カフェインを含んでいる飲食物から、カフェインを取り除いたり、カフェインの添加を、行わないようにすることで、カフェインレスあるいはカフェイン・フリーとも呼ばれます。


ほとんどの場合、デカフェとはカフェインを含まないコーヒー(カフェインレス・コーヒー)のことを意味しますが、お茶やコーラなどに関しても、カフェイン・フリーのものが作られています。

カフェインレス・コーヒーを作るためには、直接・間接に有機溶剤を使う方法や、カーボンフィルターを使うスイスウォータープロセスと呼ばれる方法、超臨界二酸化炭素を使う方法が実用化されています。



有機溶剤を使ってカフェインレス・コーヒーを作る方法は、比較的安価にできますが、溶剤の残留の可能性が心配されています。

livedoorニュースの情報をご提供しています。

後の二つはこれに比べて安全性がずっと高い方法で、特にスイスウォータープロセスは、化学物質を一切使わずにカフェイン除去を行うため、安全性を追求するオーガニックコーヒーの場合などに、使われています。



カフェインを含まないコーヒーの実を付けるコーヒーの木を、品種改良や遺伝子組み換えにより生み出す試みもありますが、残念ながら実用化レベルに達するほど完全な、カフェイン・フリーのコーヒー豆を生み出すコーヒーの木は誕生していません。
尚、EUでは、99.9%以上カフェインを除去いた場合に限り「デカフェ」と呼ぶという厳しい基準がありますが、日本ではまだ特別な基準を制定していないので、それよりカフェインが残っている場合も、カフェイン・フリー・コーヒーとして販売されている可能性があります。